逆にこの時確かにそうなる。

逆に,このとき与式は確かに恒等式になる

日本語の矯正

この記事では,Cookieを使用しています。Cookieの使用によってユーザの皆様の当記事の閲覧のエクスペリエンスが向上します。

 

僕は常々日本語を正しく使いたいと思っている。しかし,「正しい日本語」なるものが何であるかはよく分からないので,これは単に日本語に対して保守的である,と言い換えられるべきである。そしてこの保守的というのは,程度問題である。いつの日本語を守るのか,が問題となるからだ。

時期だけが問題でもない。新しい言葉が生まれたときに,絶妙な表現だと感じる場合もあれば,嫌悪感を覚えることもある。言葉の意味が保存されている変化については,変化させる理由がないので否定的になる(当然,音韻論上の理由はある)。新たな意味が創出された場合には,使い勝手が良ければ使いたいと思う。

人間は母語をも文法的に捉え直すことができる。従って特に言語に興味のある人でなくとも,「それは『が』じゃなくて『に』でしょ」とか,「なんて言うのかな,こう,良い名詞が見つからない」とか,「食べられかけさせられそうになったってこと?(笑)」といった発話は珍しくない。

そうすると,例えば,いわゆる「ら抜き言葉」が嫌いになることもある(僕がそうだ)。なんなら,「行かれる」「歩かれる」などという表現が好きである。

ところが,三河弁では「食べれる」が正しい。こうしないと,「食べれーへん」「着れなんだ」などという表現ができない。

そこで,家族と会話するときは「ら」を抜いて,東京ではarを抜かない,といったことをしている。

2,3年前に思い切って直したことがあった。何かというと,読み方である。「十」という単語と,「存」という単語の読み方を変えた。

まず,「十個」「十階」「十点」などの「十」は「じっ」と発音するのが「正しい」ことはよく知られている。それまで「誤って」「じゅっ」と発音していたのだが,これをやめた。すると面白くて,街中で聞く「じゅっ」に強烈な違和感を覚えるようになったのだ。もう1つは,「既存」である。ずっと「きぞん」と発音していたのだが,「きそん」に変えた。最初は変な感じがしていたが,もうすっかり逆転した。「きぞん」と言われると気持ち悪い。とても面白いので皆さんも自分の信条に反しない限りやってみると良い。流行りなのは「ほっ」と読む「べき」「発」を「はっ」と読むことなので,もし「発起人」「発端」を「はっきにん」「はったん」などと読んでいたら楽しめるだろう。この辺りの話に詳しい方は是非コメント欄で蘊蓄を披露して頂きたい。

 

f:id:nipox25:20181113225530p:plain

ここからが本題である。冒頭にも少し述べたが,魔が差してクッキーを焼いた。

Cookie Clickerというゲームがあり,2013年からず~~~っとやっているのだが,その影響なのか(この後の文章を読めば分かることだが,この影響ではない),最近おいしいチョコチップクッキーが食べたくて仕方がなかったのだ。

先日,スペルメルカードで「ステラおばさんのクッキー」というのが売っていて,びっくりするくらい高かったので購入したところ,「う~ん」という感じだったのだが,いつもの森永のクッキーなどとは随分違ったので,調べてみたところ,アントステラという会社がびっくりするくらい高いクッキーを作っており,その会社を買収した森永が,森永の工場でブランドだけ借りてちょっと作ってみたクッキーだった。つまり合法的な偽物である。そこで本物が食べたくなったのだが,アントステラのお店は吉祥寺にしかない。そこでローソンにも同様のクッキーがあると知り,早速購入してみると,「う~ん」という感じであった。こちらは森永製菓ではなくアントステラが作ってはいるのだが...

そして,ついに狂ってしまい,気付いたら生地を練っていた。おいしいチョコチップクッキーが食べたかっただけなのに,自分の作ったものに対しても容赦ない評価を下す僕が25点をつけたクッキーを食べる羽目になった。なお,自分の自炊史上最高記録であるアスパラ天は75点であるから,点数はそこまで悪くない。

新しい趣味が誕生した。作業時間はド素人の僕でも30分くらいなので,非常に良い趣味である。僕のブラウザがこれまでに焼いたクッキーの数84.297decillion枚を超えるクッキーを焼き上げる日もそう遠くないだろう。

軽いラップトップが欲しい

スマートフォンというのはPCの代わりになるからスマートなのに,スマートフォンとラップトップPCを両方(さらにiPadなんかも持っていたりする場合もある)持ち歩いている人を見ると全くスマートではないと思うのである。しかし,モバイルが主流になってきてしまった今,スペックこそPC並の端末がほとんどなのに,モバイルに最適化された結果あまりスマートではなくなったのも原因の1つであろう。

僕はPC世代であり,未だに何かをするときは基本PCを使うという感覚が抜けない。故に最初の頃はどこに行くにもPCを持ち歩いていたのだが,あるとき,行く先々にPCを置いておけば十分であることに気付いて,自宅,研究室,バイト先,実家にそれぞれ1台ずつPCを置いておくことで,重たいPCを持ち歩くのをやめたのである。

ところが,最近になって,PCを置いておけない場所に赴くことが多く,更にPCがあったら楽なのにと思うことが多くなった。そこで,ラップトップの購入を考えているのだが,とにかく条件は軽いことである。1キロ切っていないと話にならないのに,該当機種は本当に少ない。

昨年の最軽量競争で出てきたのが,NEC富士通のPCである。NECは今年モデルチェンジをして秋冬モデルとして新製品が出ている。PC-HZ500LAである。769グラム。富士通の方は,UH75/B3で,748グラム。問題は価格である。NECは出たところなので17万円を超える。富士通は型落ちだが,12万円かかる。

ここでSurface Goが登場する。画面サイズは10インチまで落ちるが,重さはキーボード込みで767グラム。価格は85,000円。スペックは終わっているが,始める気もないので価格と重さのバランスが良い。Officeをなくしてタイプカバーにしてくれればどれだけ良かったか。Office 365の台数制限がなくなった意味が無い。マイクロソフト(とりわけMSKK)は本当にひどい会社だ。前述の日本のメーカーのものは,外部端子などが豊富で便利なのだが,メインで使うような価格帯である。

大穴はレッツノートRZで750グラム。値段はお察しである。

 

さて,先日TOEFL iBTを受けた。理由は先日述べたように,ベトナム人の英語が聞き取れないからである。

英語の勉強というのを6年半ずっとサボってきた。彼方さん(かの有名な「大変日々」というブログを書いていた方である。2010年前後の受験生で知らない人がいればそれはモグリである。受験に関する情報を調べれば,どうやってもあのブログがヒットしてしまったからである)が大学に入ってからも英語をきちんと勉強せよと強く言っていたにもかかわらず,だ。

 アホである。今すぐやれよ。

そうこうしているうちに時は流れ,英語の能力の低さによって支障が出る状態に陥ってしまった。

そこで購入したのがこのシリーズである。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

 

が,当然やるわけもなく,本棚の肥やしになっている。

8月の国際会議が非常にきつい経験となった。研究発表は問題ないが,酒を飲みながら雑談が全然できないのである。そこで仲良くなったフィンランド人が来週東京にやってくるのだが,意味のある会話が続くか心配である。

そこでついに,強制的に学習する環境下に自らを置くことにした。時期的に来年は忙しくなるから,半年一発勝負である。

現在の英語力を数値化しておくために,TOEFLを受験したのだ。点数は85点。3年前の院試の時の点数が81点だから,大して伸びていない(ここで,試験というものは点数を取るためにはある程度練習が必要であると考える向きもあると思うが,いま僕が欲しいのは点数ではなく英語力であるから,TOEFLのための対策をする意味はない)。

100点を取れるかどうかが成功したかどうかの基準となるだろう。翌年の5月に受験して,何点になるか,楽しみである。

Cookie Clickerに新しい建物が追加された

Cookie Clickerを始めて5年ちょっと。一度データが吹っ飛んだものの,細々と続けている。今回追加されたのはFractal engineである。クッキーのハウスドルフ次元を計算するのである。フラクタル図形といえば,2008年のスーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会で「この図形はR(Rには実数が入っていた)次元で~」などと発表している人たちがいたところ,質疑で「次元が小数ってどういうことなんですか?2次元とか3次元なら分かるんですが」と質問があり,発表者が全く答えられておらず(彼女らは「そういうものだ」と思っていたのではないかと当時の僕は思った)やりとりを司会にとめられるという光景を思い出すのだ。

今月上旬のことだが,家の周りをうろうろしていると,国立公文書館があった。一度行ってみたかったので入ってみると,「平成30年秋の特別展 明治150年記念「躍動する明治-近代日本の幕開け-」」なる企画展をやっていた。

1889年~1932年の東京に大変興味のある僕にピッタリの企画である。明治がどうのこうの言ったってそれは東京の歴史でしかないからである(暴論)。

f:id:nipox25:20181031011349p:plain

 

f:id:nipox25:20181031011353p:plain

国立公文書館所蔵の史料は写真を撮って良いのだが,他から借りてきた史料は撮れない(省庁の史料もダメ)。

用箋が太政官から内閣に変わったり,色々な法律の推敲が見られたり,興味深い展示であった。

我が国の政府は公文書の価値を分かっていないので,今後公文書が残されることも減っていく。こうやってのんきに展示が見られるのも平成の間だけではないだろうか。

 

ベトナム人の英語が聞き取れない

大学教員の国際的人脈は,やってくる留学生によって測れるかもしれない。「よく来る」ところは大体教員同士が繋がっている。

僕のいる研究室は,1年のうち半分以上,1人はベトナム人がいる。誰かが帰ったと思えば,また誰かがやってくる。

僕が研究室に入ってから,これまで(多分)3人のベトナム人と滞在期間が被っている。そして,3人とも何を言っているのかサッパリ分からなかった。

一般に,英語でのコミュニケーションに難がある原因はたくさんある。文法が怪しいというところから始まり,単語が分からない,速くて聞き取れない,頭での処理が追いつかない,発音が悪い,耳が悪い(聴力の問題ではない),等々。

特にベトナム人の英語に対して苦手意識(苦手意識というと悲観的な感じがするが,言語学徒としては面白いので楽しんでいる)を決定的に持ったのは,

  • 1つの単語だけを
  • ゆっくり
  • 何回も

繰り返して発話してもらっても全く聞き取れず,こちらが同じことをしても全く聞き取ってもらえなかったからである。間違いなくこれは日本語とベトナム語の相性が悪い。

「訛っている同士で聞き取れない」と文句を垂れて終わるのではとても高等教育を受けた人間とは言えないので,自分なりに分析をする(プロパーな言語学徒であればたくさん手法を持っているに違いないが僕はそうではないのでそうではなかった)。

 

 

 観察してみると面白い。やはり一定の法則がある。

例えば,expressionという単語は,/espresn/と発音され(ここでのIPAは英語の音素),distributionという単語は/ditribjusn/という感じである。

音が落ちたり他の音になってしまうわけだが,ネイティブや印欧語母語話者にして英語がかなりできる人とは難なくコミュニケーションが取れているのである。

つまり,英語にとってtrivialな脱落であり,変化であるということだ。そして,日本語にとって重大な脱落・変化ということになる。

僕の感覚でしかないが(文献を示せる方はコメント欄に示して欲しい),日本語話者は母音が苦手だ。母音が違っているために話が通じないことはよくあるし,聞き間違えることもある。逆に,子音にとてもこだわりがあると思う。

そこに,英語が音節言語であるのに対し,日本語がモーラ言語であることが加わると,次のようなことが起こっているのではないか(全然違う,これこれこういう学説が主流だ,ということがあれば指摘して欲しい)。

例えば,expressionという単語は3音節である。従って,ex/pres/sionの3パーツの音がそれぞれとりあえず鳴っていれば聞き取ってもらえる。故に,exがeだけになっても別に良い(多分,「エプレスン」でも通じる)。

日本語話者の場合,3重子音・4重子音だと頭で分かっていても無理矢理分けてしまって,e/k/s/p/re/ssio/nという7つのパーツからなる単語であると脳内lexiconに記述されている。故に,kの音が落ちるだけで6パーツの単語になってしまうため,何の単語なのかサッパリ分からない。

この仮説に従えば,聞き取るためには抜け落ちた音を戻してやり,変化した音を戻してやれば聞き取れることになる。

そこで,最近はそのルールを自分の中に構築しようと試みている。

スライドと一緒に喋ってもらうと最高で,どの音がどうなったのかよく分かる。

最初の1文字目の音が落ちることもしばしば。bとpも曖昧で,paperって言ってるらしいのに/beba/にしか聞こえず5回聞き返した。phraseという単語は/bra/である(どちらも1音節なので印欧語族の皆さんには通じている...)。

こうした現象から復元ルールをいくつか作ったが,それだけで劇的に会話が成り立つようになった。とても面白い。

 

さて,

  • 訛っていようが関係なくガンガン話していく皆さん
  • きれいな英語は誰が聞いても聞き取りやすい

という2つの経験的事実によって,僕の中では,「片仮名英語でもなんでもどんどん話していけば良い」という考えと「発音は徹底的にこだわって練習していく」という考えが対立せず共存している。

ドイツ語圏やフランス語圏という,アジアから見ればよっぽど英語圏に近い世界の出身者でも,英語が下手な場合があり,アジア人がびっくりするくらい流暢にしゃべっていることもある。要するに発音は本人の興味と努力によるのである。

この興味というのが問題だ。今でも忘れないのが,中学の時,クラスに「borrowがボロウなのかバロウなのか分からんどっちだ」と発言している人がいて,多分どっちでもないんだろうなと思ったことである。それから6年を経て,発音の教科書を読みながら,/ʌ/, /ɑ/, /æ/を発音してみて,「おーそれっぽい!」と感動を覚えたのであった。

2円を得るために20円損した話

東京に来て6年半,一度も人とこの話をしたことがないので,恐らくあまりにも当たり前でわざわざ話題にするには口を動かすエネルギーがもったいないとされていると推定されるのが,私鉄・地下鉄各社の乗り継ぎ割引である。

僕がこれを知ったのは,随分最近のことなのだが,非常に多くのことに気がつく性格なので,気付いてはいたのである。

乗継割引運賃制度は,ちょっとしか乗らないのに会社を跨ぐせいで初乗り運賃が2回かかってしまう場合に適用される場合がほとんどだ。

例えば,代々木公園から代々木上原,下北沢を経て池ノ上まで乗車したとする。駅の数で言えば4駅である。距離にして3キロメートル。まともにやると,代々木公園~代々木上原が165円(初乗り),代々木上原から下北沢が124円(初乗り),下北沢から池ノ上が124円(初乗り)で,413円かかるところ,実際には393円しかかからない。

これは,代々木公園~下北沢で20円割引代々木上原~池ノ上で20円割引が設定されているためである。そして,割引区間は重複しないという規定によって,最も安くなる方が適用される。

 

さて,ここで鉄道の様々な規定を知ることに喜びを覚える人間でなければ,値引かれるのに不満はないのだから,以上のようなルールを知っておく必要は無く,値引かれるべき時に値引かれれば良いと思うのは自然である。

僕は,あらゆるポイント類を駆使して生活するタイプの人間だが,この場合であっても,自動的に割引が適用されてしまうのであるから,やはり何かを考える必要が無いように思うかもしれない(ただし,都営地下鉄東京メトロの70円引き乗り継ぎについては石原慎太郎によってもたらされた恩恵でありテレビ等でも話題になったため多くの都民が意識している)。

ところが,僕は電車に乗るときにSuicaPASMOを使い分けているのである。

東京メトロに乗車する際は,PASMOを使う。すると,平日であれば10円引きで乗れる。休日は20円引きだ。しかしクレジットカードの還元率は0.5%なので,メトロ以外の電車に乗る理由がない。

Suicaは1.5%還元であるから,メトロ以外ならばSuicaで乗った方が良い。

 

以上を踏まえて今日の日記を書く。

 

所用で早稲田から下落合に行かねばならなかった。

早稲田から高田馬場までは当然PASMOを利用した。

そして,乗換のタイミングで,西武線なのでSuicaを使わないとと思ってSuicaをタッチしたのだ。そしてその瞬間に,「あっ,待てよ1駅1駅だから乗り継ぎ割引あるんじゃないか」と思い出してしまったのである。

調べてみると案の定,20円引きが設定されていた。片道309円の運賃の20円引きであるから,6.47%の還元率である。日経平均の続落と言っても,今日は3%下落,昨日も4%下落である。6%なんてとんでもない数字だ。

げんなりである。

 

なお,高田馬場から下落合までは徒歩15分である。

オーバーロード

オーバーロードとは,名前が同じである複数の関数等において,引数等の型や個数によって処理を分岐できる仕組みのことである。

f:id:nipox25:20181021111218p:plain

f:id:nipox25:20181021111241p:plain

f:id:nipox25:20181021111305p:plain

f:id:nipox25:20181021111331p:plain

f:id:nipox25:20181021111502p:plain

f:id:nipox25:20181021111513p:plain

f:id:nipox25:20181021111534p:plain

f:id:nipox25:20181021111549p:plain

f:id:nipox25:20181021111611p:plain

f:id:nipox25:20181021111637p:plain

f:id:nipox25:20181021111656p:plain

f:id:nipox25:20181021111713p:plain

f:id:nipox25:20181021111734p:plain

f:id:nipox25:20181021111911p:plain

f:id:nipox25:20181021111933p:plain

f:id:nipox25:20181021111953p:plain

f:id:nipox25:20181021112059p:plain

f:id:nipox25:20181021112126p:plain

f:id:nipox25:20181021112157p:plain

f:id:nipox25:20181021112234p:plain

f:id:nipox25:20181021112307p:plain

f:id:nipox25:20181021112335p:plain

 

Googleという関数に"オーバーロード"なる文字列を渡したつもりだったが,特に型を指定しなかったので,暗黙のうちに「ライトノベルの名称」という型であると解釈されて検索が実行されてしまった。こういうのをエンティティの型付け,entity typing,またその対象を型付きエンティティ,typed entityという。

 

New York, London, Paris, Munich

Amazon Echoを購入して3ヶ月が経つ。現在の用途は専ら3つに絞られる。1つは,今日の気温を聞くためのデバイスとして。そして,音楽を垂れ流すためのデバイスとして。3つ目は,部屋の電気を付けたり消したりするデバイスとしてである。

家のエアコンをなんとかして遠隔操作したいという思いがあり,急いで赤外線を発出する機械を買ったのだが,なんとダイキンの古いエアコンは特殊な赤外線を使っており,学習しても使えないのである。リモコン番号でいうARC424A1である。最悪だ。このアパートは慈善事業ではなくてただの不動産投資の賜物なので,設備はゴミに近い。引っ越す前のアパートは慈善事業だったので,入居時(2012年)には2011年製のエアコンが装備されており,2017年には2017年製のエアコンに交換してもらった。いずれもダイキンである。新しいダイキンのリモコンは汎用リモコン対応であるようだから,使えた可能性があるが,現在の居室のエアコンはダメであった。

大変悔しいので,リモコンのボタンを機械的に押すデバイスを開発しそれを遠隔操作できるようにするだけの時間がないことを思いつつ,部屋の電気を付けたり消したりできるようにした。毎日Alexaに"Turn off the light"などと呼びかけている。

さて,僕は洋楽を聴くことが多いので,Alexaの言語設定を英語にしている。さもないと,片仮名英語で曲名を言わなければならないからだ。ところが,これはこれでやっかいなのである。


M - Pop Muzik (12" Mix) (HD 16:9)

世界を席巻したPop Muzik――僕の10代のテーマ曲である。実際,10歳から15歳まで毎朝この曲を目覚ましにしていた。

"Alexa, play pop muzik"

"Music station for pop music on Amazon Music"

"Nooooooooooooooo"

「ポップ・ミューヂック(邦題)」をかけて欲しいのにポップミュージックが流れてしまう。

そこでアーティスト名を指定する。

"Alexa, play pop muzik by M"

"Here is music station for pop music on Amazon Music"

"Nooooooooooooooo"

話にならない。

そこで,アルバムごとかければなんとかなると考え,アルバム名"New York-London-Paris-Munich"をかけてもらう。

"Alexa, play New York-London-Paris-Munich"

"New York London Paris Chicago by Disco Fever starting now on Amazon Music"

"???????????????"

 

?????

 

???

 

?????

 

¿¿¿¿¿?????

 

¿?¿?¿?¿?¿?

 

 

試行錯誤の上,Amazon Echo不燃ゴミとして廃棄するのが適切であることが分かった。

 

 

 

 

 

 

 

"Alexa, play an album of New York-London-Paris-Munich"

"New York London Paris Munich by M and on Amazon Music"

 

おお!かかった!万歳!

 

ゴミ収集車から軽快なメロディを奏でながらAlexaは旅立っていった。

 

ドナドナド~ナド~ナ~


みんなのうた「ドナドナ」